本当なら昨夏のオフ会の時に実装したかった少し高めの場所にvirb360を設置してヘルメットが極力映り込まない撮影に挑戦。昨夏は結局熱対策に追われていたのとパイプを固定する良い方法を思いつかなかったので断念。最近になって余り物のパーツを組み合わせれば行けそうだと確信したため試して見ました。

カーボン自撮り棒をサドル下に設置したカメラマウントとリアキャリア、フェンダーで固定。やれば3m位までは伸ばせるものの自撮り棒の強度と振動を受けた際のしなりが怖いのと法律的に2m迄と定められているらしいので2m程度で抑えています。
上部分の固定はうまく行った感じ
下は無理やり押さえ込んでいる感じが半端ない

近場で撮影して見ました

有明お台場は車道以外はタイル敷の場所が多く動画中間部分の場所では小刻みにカメラが揺れているはずなのですが上手く抑えられていますね🤔 振動に対するしなりと折れるのが怖いため基本ゆっくり走ってますが割と大丈夫らしいので最後のカットでは結構スピード出してます。道路状態の良いサイクリングロードだと面白い動画が撮れそうです。😊

自撮り棒は微妙に見えないっぽいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です